脇見恐怖症だけどデスクワークの仕事をやってみた

f:id:houikaiun:20200318203657j:plain

脇見恐怖症の人にデスクワークのお仕事は向かないと言われています。向かい側の席の人に脇見してしまって、お仕事に集中できないからです。

しかしわたしは脇見恐怖症でありながらデスクワークのお仕事をやったことがあります。

  • 一般事務
  • メール占い
  • WEBライター

などなど。

どれもデスクワークです。

このページでは、

「脇見恐怖症だけどデスクワークのお仕事をやってみたい」

「症状が出ないか不安・・・」

そのような方にはおすすめのページとなっています。

わたしの体験談を語っていくので、少しでも参考になっていただけると嬉しいです。

脇見恐怖症でデスクワークの仕事をしたら・・・

仕事といってもわたしが採用をいただいたのは、契約社員とアルバイトです。

正社員で入社しても脇見の支障が出ると辞めることになってしまうので、雇用形態は今までそんなに気にしていませんでした。

それよりは脇見の支障が出ないかどうかのほうが気になる^^;

デスクワークのお仕事をしてみて、起こったことを書いていきます。

面接の際に脇見恐怖症をカミングアウトしても引かれることはない

デスクワークのお仕事は三社経験しましたが、すべて面接の際に脇見恐怖症をカミングアウトしました。

ストレートに「脇見恐怖症という神経症を患っている」と話す時もあれば、ちょっとあやふやにして「自分の視線が気になる」という風に話す時もありました。

カミングアウトして、面接官に引かれることはなかったです。

というのも今の時代、脇見恐怖症だけでなく、うつ病とか強迫神経症とか、なんらかの精神疾患で悩んでる人は多いですよね。

それは世間でも認知されているようですし、カミングアウトしてもだいたいの人は受け入れてくれます。

まぁ少しは「脇見恐怖症、なんだそれは?」というような反応もされますが、結局のところ、採用されるかどうかは面接官との相性で決まります。

採用が決まってもお仕事に支障が出るかどうかは働いてみないとわからない

面接で脇見恐怖症をカミングアウトをして採用をもらっても安心できません。

というのも脇見の支障が出るかどうかはどの席に配置されるかによるからです。こればっかりは運としかいいようがありません。

たまたま周囲に人がいない席に配置されればラッキーですが、そうなるとも限りません。働いてみるまでは不安が続きます。

デスクワークは脇見恐怖症の支障が出る

実際にデスクワークのお仕事をやってみてですが・・・やはり脇見の支障は出ました。 

三社のうち一社は、偶然にもわたしの向かいの席に人がいなかったので、脇見を気にすることなくお仕事に取り組むことができました。しかしこれは本当にただラッキーだっただけ。

残りの二社は向かい側にも斜め向かいにも人が座っていました。そのせいでほとんど業務に集中できません。

ただ、脇見が気になりつつも一応お仕事をこなすことはできます。完全に集中できてるわけではないので、辛いは辛いです。

アルバイトを五日で契約解除になったこともある

アルバイトを五日で契約解除になったこともあります。つまりはクビということです。

ただ面接時に脇見の話はしていましたし、実際にやってみてお仕事に支障を感じたので、それはそれで良かったです。

クビになった一番の原因は、社内で実績を残してる人に嫌われたからだと思います。

脇見をしてもスタッフと仲良くなれたら気まずくない

デスクワークで脇見の支障は出ますが、スタッフと仲良くなれたら気まずさは軽減します。

向かいの席の人に脇見をしてしまったことがあるのですが、会話をすることで気まずさはなくなりました(^o^)

脇見の辛さがなくなることはないけど。。

デスクワークのお仕事を三社体験して思ったこと

デスクワークのお仕事ってなんだか憧れますよね。わたしはそうでした。

脇見恐怖症でも事情を説明すればどうにか働けるかも…と思いましたが、実際はちょっと無理がありました。どうしても業務に支障が出てしまいます。あとは向かいの席の人に迷惑をかけてしまっていないか不安…。

わたしの経験的には、脇見恐怖症でデスクワークのお仕事はおすすめしません。

たとえば面接の際に「パーテーション」などの仕切りを設置していいか確認してみるのもいいかもしれませんが、入社したばかりの新人が自由に物を置いたりするのはたぶん、いい反応をされないと思います。

もしも「脇見でもデスクワークのお仕事をやりたい」というのなら、入社後は自分から周囲とコミュニケーションを取っていって、会話の中でカミングアウトできれば少しは気は楽になります。

しかし、わたし的にはやりたい仕事よりも支障が出ない仕事を選ぶほうが気が楽でおすすめです。

「脇見恐怖症でこれから仕事を探す」という方は、仕事選びの参考にしてみてください。